masayuki MATSUBARA Toastmasters
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS SITE.
MOBILE SITE
qrcode
<< 京都の紅葉 | main |
大嘗宮一般参観 

隣の編集部のEさんに誘われて、大嘗宮に行ってきました。

 

大嘗宮(だいじょうきゅう)は天皇陛下がご即位の後、初めて新穀を皇祖・天神地神祇(てんじんちぎ)に供えられ、自らもお召し上がりになり、国家・国民のためにその安寧と五穀豊穣などを感謝され、ご祈念になる大嘗祭の中心的な儀式、「大嘗宮の儀」のために造営されたものです。(宮内庁より)

 

 

平日なのに結構人がいます。一生に一度あるかないかなので、やはり皆さん興味があるようです。

 

 

南神門は大嘗宮の中心部分に設けられた門。

 

風俗歌国栖古風幄
悠紀・主基両地方及び国栖の歌を奏する建物。

 

主基殿後方から。

 

清水建設が9億5千万円で作ったそうです。すごいなー

 

12月8日まで公開されています。

 

 

解体してしまう前に見られて良かった。

 

| つれづれ | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mats-blog.torafive.com/trackback/1400474
トラックバック