masayuki MATSUBARA Toastmasters
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS SITE.
MOBILE SITE
qrcode
<< ハイク&フライ | main | 京都の紅葉 >>
はじめての狩猟

11月15日は狩猟解禁日です。

 

昨年狩猟免許を取得して、今年銃の所持許可が下り、狩猟者登録を群馬県でしました。

そもそも、エリアを荒らす猪どもをやっつける!ために狩猟免許を取ったわけです。

 

で、パラグライダー仲間が猟を一緒にしようと誘ってくれたので、ドキドキしながらもデビューです。

 

メンバーは8人。

 

半数は山の麓から犬を引き連れて追い込みをかけます。

ジブンは山を一つ越えた場所で、銃を持って待ち伏せします。

 

 

倒木に身を隠し、「わたしは森」と言い聞かせ同化します。

 

山の向こう側で追い込みをかけた30分後、すぐ目の前で物音がしたと思ったら、十数頭の鹿の群れが通過しています。

突然のことで大慌て。発砲するも致命傷を与えることができず、逃げられてしまいました。

 

無線でその旨を伝えると、何やってんだド新人!っ的な険悪な空気がヒシヒシと感じられます。

 

やばい。次があれば仕留めないとかなりまずい。変な緊張感が漂います。

 

ただそんな都合良く、自分の前に獲物が現れるとは限りません。

ひたすら「わたしは森」と気配を消します。

 

猟も終了間近、2頭の雌鹿が目の前に現れました。先ほど撃ったラインでは逃げられてしまうと判断し、少し見送って斜め後方に差し掛かる瞬間に発砲。

 

当たった様で、鹿が1mほど飛び上がり、すぐさま斜面を駆け下りて逃げて行ってしまいました。

 

やばい。またやってしまった。。。

 

無線で状況を伝えると、めちゃくちゃ険悪な空気。しゃーないじゃん。初めてなんだもの。。。

みんな銃を持ってるからマジ怖い。

 

会長の「解除」の掛け声とともに、下山をします。

狩猟終了です。

 

ですが、なにやら下でざわざわしています。

道路で雌鹿が倒れています。

 

ジブンが撃った場所から直下の道。逃げて行ったその場所で鹿は絶命していました。

首筋に散弾の痕。

ジブン以外は全員ライフル銃なので、間違いなく先ほど撃ったジブンの獲物でした。

 

 

なんだか可哀そうですが、畑を荒らす害獣なのです。

悲しいけれどこれは狩猟なのよね。しっかり食べてあげるからね。

 

道まで自走してくれたので、運ぶ手間も省けました。

 

 

誘ってくれたMさんが仕留めた猪と今回の成果。

 

解体作業をお手伝いし、肉のおすそ分けを頂きました。

 

普段スーパーで手軽に買える肉ですが、自分で全ての工程を体験すると見え方が変わってきます。

 

背ロースの部分をわさび醤油で刺身で頂きましたが、めちゃくちゃ美味かった。

 

で、次はいつ行こうかという気は正直起きませんが、とても良い勉強になりました。

 

 

しばらくはクレー射撃で良いかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mats-blog.torafive.com/trackback/1400472
トラックバック