masayuki MATSUBARA Toastmasters
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS SITE.
MOBILE SITE
qrcode
<< 春嵐 | main | お別れ >>
精密検査前日

昨日の爆風がうそのような静かな朝。穏やかな陽気に、どこからともなく甘い花の薫りが漂ってくる。

 

坂道を上ると汗ばんでくる。春というよりは初夏の様だ。

 

点滴を済ませた時に量った体重は1.85圈0貂鯑よりも0.05Kg減っている。

比率を考えると・・・ 

 

 

容態が安定しているときは、床やチグラで寝ている。いびきにも似た呼吸で「クコ―クコー」と荒い。

 

口をずっと開けて呼吸をしているので、乾くだろうから少しでも湿らせようと思うのだけど、よほど嫌なのか全く受け付けない。

 

牛乳を口元に持っていくと一瞬反応し、口を付けたように見えたが、舌を湿らすまではいかない。

 

暑いのか、チグラから出たり入ったりを繰り返す。必要最低限の緩慢な動きで床でゴロンとする。

 

よほど粗相が嫌なのか、トイレの中で倒れこむように寝たりもする。

 

 

明日は精密検査だけど、検査ができる状態なのだろうか。

 

 

 

 

| | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mats-blog.torafive.com/trackback/1400413
トラックバック