masayuki MATSUBARA Toastmasters
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS SITE.
MOBILE SITE
qrcode
44th COUPE ICARE 3

色々ありましたが、無事に?サンチレールに着きました。イカロスカップ会場です。

 

 

エキスポ会場への入場はチケットを買います。

ジブンはずるしてメーカー枠で入場です。

 

 

 

こんな感じで手に巻いておきます。3日間もつのかな?

 

 

 

エキスポ内での買い物はイカレという疑似通貨を使います。プラスチックでできていて、一枚いちまい手で折れます。

ちなみにビールは2枚半。

 

 

 

アドバンスブースで新作のプログレス3の試乗です。ムースが入って安全性が向上。しかも自重は据え置き。

 

 

 

ハーネス開発チームのブルーノ。休暇中に駆けつけてくれました。

 

 

 

テイクオフは観客で大賑わい。すごいひとひとひと。

 

 

 

アドバンスブースのバックヤード。ヨーロッパの人って休憩でも座らないのね。

 

 

 

おまけ。パペッシュと。新メーカー設立おめでとうございます。

マイクは疲れているね。。。

 

 

| | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
44th COUPE ICARE 2

前回の続き。

 

アムステルダムで足止めをくらい、ジュネーブ行きに暗雲立ち込めるも、チューリッヒまで移動に成功。

しかしそこからのバス便は用意されていなかった。。。

 

 

深夜にもかかわらず、ジュネーブへ行ってくれるバスをチャーターすることに成功した「なんとかジュネーブへ行きたい集団」

略してNGI(えー)

 

深夜特急×あいのり? みたいな感じ??で、雨のハイウェイをジュネーブへ向けて走り始めた。

 

バスの支払いを引き受けてくれたフランス人のセバスチャンからノートが手渡され、それぞれのEチケットナンバーや連絡先を書く中で、なんとなく自己紹介が始まった。

8名で構成される集団(NGI)はみんな若いのである。たぶんオッサンはジブンとドライバーだけ。セバスチャンと彼女の年齢は20代、台湾人の女性30代、インド人の女性20代、タジキスタン人女性30代、フランス人女性20代前半。。。

 

それはそうだ。まずチューリッヒで移動手段が用意されていなかった時点でフツ―は宿泊一択。宿を検索してタクシーに乗りこめばOKのタスク。フツ―のオトナの決断だ。

 

だがしかし、台湾人の女の子のオシの言葉と「なんか面白そう」の好奇心が選択を狂わせた。

ドライバーの眠気を気遣うインド人の女性ヘミニ。場を和ませようと話を盛り上げるセバスチャン。それぞれのキャラが出て面白い。

それぞれの乗客を降ろしつつ、目的地のホテルへ。一番遠かったジブンが最後になった。
ドライバーはリビア人で家族全員でスイスに住んでいるという。

最初は単身で働いていたが、生活が安定したところで家族を呼び寄せた。

 

リビアといえばアラブの春の中で、カダフィ政権を崩壊させた内戦があった国。

2011年戦闘が激化する前に一度だけ国へ帰ったそうだ。

 

その事実を聞いた後、ジブンはなにを話せばいいのか分からなくなってしまった。

 

 

 

つづくかも

 

 

 

| | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
44th COUPE ICARE

ここのところの海外出張はトラブルの連続。

面白いのはいいんだけど、仕事なのでやっぱり困るっちゃーこまる。

 

今回のミッションはイカロスカップでミーティング。

世界最大のスカイスポーツイベントを見学しつつ、ついでにミーティングもやってしまおうって魂胆。

 

普通なら、なんてことないのだけど、またもや??行き帰りで飛行機トラブルでした。

 

まず最初は成田空港へ行く高速道路が多重事故で通行止め。空港周辺は大渋滞で完全に飛行機に間に合わないタイミングでしたが、

奇跡的に飛行機がディレイしていて難なくチェックイン。

 

 

オランダに無事に着くも、霧のためジュネーブ行きはディレイ。仕方がないので仕事をします。ちゃんとした机と椅子があるところでサクサク仕事を終える頃には、なぜかゲートに人がいなくなりました。嫌な予感がします。フライトインフォメーションを見に行くと、ジュネーブ行きはキャンセルに。。。。

 

 

ここは新宿駅か?と思うほどの人でごった返すカウンター周辺。(えーまーじー)

仕方なく列に並んでいると、一枚のプリントを職員が持ってきました。

 

 

なんだとー!!! まさかのオランダに足止めかよっ!

 

しばらくすると、「ジュネーブ行きのひとー!」って職員が声を出しています。

10人ほど集まったところで「チューリッヒまでは飛行機飛ぶよ!そこから先はバスになるよ」とのこと。

 

まーオランダに残るよりはいいかーって安易に考えてチューリッヒ行きの飛行機に乗ってしまいました。

ここがこの旅のターニングポイント。

 

無事にチューリッヒに着くもバスなんてありません。しかも深夜。

体よく国外に追い出された感じ?

 

 

なんとしてでもジュネーブへ行きたい連中が集まって、バスをチャーターすることに成功。

けどここからジュネーブまでは順調に走っても3時間以上。この時間から宿を取るのも難しい。けど面倒が起こるのもなーって躊躇していたら、「これはチャンスよっ!一緒に行きましょうよ!」と台湾の女の子。ジュネーブに行けばホテルは予約してあるので、勢いで乗りこみました。単純に面白そうな方を選んだだけだともいう。

けど支払いが面倒だなって思っていたら、フランス人のセバスチャンが「以前もこんなことあったよ。僕が一括してKLMに請求するからこのバス代は僕が払っておくよ」と超男前行動。かっけーなー

 

なんとかジュネーブに着いたのは明朝5時。。。

こんなんだったら最初からオランダ宿泊した方が楽だったんだけど、ジュネーブ行きのバスは多国籍で面白かった。

インド人や、台湾人、タジキスタン人にフランス人、そして日本人のジブンとドライバーはリビア人とか。。。

 

 

 

つづくかも

 

 

 

 

| | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
うどん県県庁

予定ではぐるりと関西中国地方を巡る予定でしたが、どうやら総会で皆さん東京に行ってしまったようです。

 

なので予定変更して関西から四国入りです。

 

エリアで雑魚寝が続くと疲れもたまり気味。温泉行きたい今日この頃。

 

 

徳島に移動して大樹の木陰で快適なグラハン。

 

 

夜は再びうどん県。珍しく夜遊び。

 

 

少しづつエリアによりつつ帰ろうと目論んでいましたが、

PCが壊れて関東までワングライドで戻りましたとさ。

 

 

| | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
台湾さいこー!!
飛んでよし。食べてよし。飲んでよし。
近いし時差ほぼないし台湾さいこー!!



めちゃめちゃ楽しかったです。
皆様、ありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくです。
| | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
アドバンスミーティング
年末に引き続き、またもや弾丸です。
今回は車を借りませんでしたので公共交通機関の移動です。

登山鉄道
ロープウェイやら登山鉄道を乗り継ぎようやく目的地に到着。
インタラーケンからほど近い場所ミューレンです。
ここは標高1650m。切り立つ山の上にある小さな街。

ミューレンはこんなところ
この街から見える景色は素晴らしく、旅の疲れが吹っ飛びます。

ミューレンまち
目の前にユングフラウ、メンヒー、アイガーがそびえます。

ユングフラウ
旅の目的はアドバンスのミーティング。
2016年にリリースする新機種の説明とセールスプロモーションが二日間みっちり行われます。

グライダーゲットしてごー
けどそこはフライヤーの集まりなので、まずは一本飛んでおきます。
ジブンはパイ2とイプシロン8でちゃっかり2本飛びました。

テイクオフ
テイクオフはこんな場所。爆風過ぎて皆さん飛ぶのに躊躇していました。

イプシロン8
イプシロン8でフライト。これは買いですね!めちゃめちゃいいこ!!

ハーネスパペッシュのプレゼン
楽しいフライトのあとはみっちり勉強です。
ドイツ語とフランス語と英語の部屋に分かれ、それぞれの部屋でプレゼンが行われます。パペッシュはデザインのプロセスを説明してくれます。
手軽さ、安全、ハンドリング、パフォーマンス、見た目、重さ、クオリティとそれぞれの項目を10段階で決めるそうです。

プレゼンはハーネスの未来についてや、今後のラインナップや新しいパラシュートSQRと盛りだくさん。
ここまで遠かったけど行って良かったなー

これはなんでしょう?
これはいったいなんでしょう? 大きさは高校生のお弁当くらい?
あんなこといいなできたらいいな!が採用されそうです。

 
| | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
フォルモサ再び
とら

なにかを感じ取るのでしょうか。
それともただの習性なのか。旅支度をしようと納戸からトランクを出した途端にこれです。一緒に連れて行けってことなのか?

さいちゃ

3年ぶりの台湾です。前回はプレワールドカップでしたが、今回は営業です。
この季節の日本はどこもかしこも北風ビュービュー。
けどほんの少しだけ遠出をすれば、暖かくて毎日飛べる素敵なエリアがあります。
台湾南部に位置する高雄市から車でぶっ飛ばすこと1時間弱。フライトの拠点となるのは屏東市。
空港もある大きな街です。コンビニやスーパー、デパートだってある。なんだって揃います。
この街から車で40分ほど東に走ると冬のオアシス「サイチャエリア」があります。

年末年始から旧正月にかけ、日本全国のスクールがツアーを組んで飛びにきます。冬のツアーの定番エリアです。
ツアー時期はスクールによってそれぞれですが、常に賑わっているのは間違いありません。
週末になれば、100は軽く超える人で賑わいます。

mats

ご覧の通り、スカッと晴れないのですがなぜか不思議と上がっていきます。視界は良くありません。5キロ先が見えないほど。
だけど風は安定しているし、なによりもイイのは暖かいこと。これ最高です。
テイクオフもランディングもプレッシャーがなくて初心者には抜群のエリアなのです。
もちろんクロカンもできます。けど降りるところはゴールのみなので、こちらは上級者向け。

最高なのは飛ぶ条件だけではありません。物価や治安も抜群に良いところです。なによりもご飯が美味しい!

屏東駅

夜のタスク。
屏東駅から高雄へ電車移動。地下鉄に乗り換え美麗島駅近くの夜市へのアウト&リターン。

屏東の夜

夜の一人歩きも大丈夫。都内と変わらない感じ。海外とは思えません。

高雄の夜市
焼きたての胡椒饅頭。

家族総出で作っています。
バックヤードでは子どもたちが生地に具を入れ、きれいに丸めています。
それを監督するのはおばあちゃん。
お兄ちゃんはキャッシャーです。
焼き担当はお母さん。一番神経を使うセクションです。

アツアツの出来立てほやほや美味かったなー。


来年はもう少し滞在しようかな。
そんな気持ちにさせられました。




何をしに行ったのだ?ですって?

もちろん。お仕事ですってば。
| | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソロツーリング
カブを買いました。

アベノミクスに便乗したのではありません。


1958年にリリース。世界中で愛され半世紀。
ホンダのスーパーカブです。

実はスーパーカブ、去年モデルチェンジしました。それに伴いメイドインチャイナに。
クリアレンズに角型ライト、価格は前モデルよりも安い。


けれど、、どうもカブは「丸型ライト」ってイメージがあったのと、国産じゃないってところがひっかかり、前モデルを探したところ仙台で見つけました。

配送に2万円ほどかかるとのこと。だったら自走した方が楽しいじゃん?

なんてことを考えたら、もう止まりません。 約定です。



ということで仙台からのソロツーリング決行です。

東北新幹線
E6系。ものすごいスラントノーズ。かっけーー!

まず仙台へ移動。

やんやんが遊んでくれました。

松島

一緒に松島観光。

やんやん

夜は牛タン、海鞘、つぶと仙台づくし! 美味かった!!! やんやんありがとう!!

むすび丸
大都会の仙台。むすび丸。



・・・ 翌 日 ・・・

バイク屋さんで保険やら登録を済ませて納車終了。

かわいいぞ!
シートをタンデム仕様に変えていただきました。いいんじゃない?

さぁ。帰りの時間になりました。
カブなので高速道路に乗れません。
何時間かかるか想像つかないので、気を引き締めて出発です。

最初ロータリーシフトに戸惑うも、いい感じの走り。さすがカブ。

まずは福島県二本松市の安達道の駅まで走りました。
ここまで約100キロ。
異音なし、高回転域も異常なし、制動系も異常なし!オールグリーン。

コーヒーブレイクしてすぐ出発。

天気も良いし道は空いてるし、カブ最高ー! たーのしーいー


気持ちよく走って白河に到着。丁度、仙台東京間の中間地点。


根田醤油

ここで気になるお店。根田醤油合名會社へ立ち寄りました。
創業はトヨタ、ソニーを凌ぐ200年!!

お休みだったのにもかかわらず、「見ますか?」と社長さん。

根田醤油

遠慮なく見学させていただきました。

根田醤油

今年仕込んだ醤油だそうです。まだ粒つぶがあります。

根田醤油

みそと醤油を購入。
お茶まで頂いちゃいました。

英気を養い、再出発!!


栃木県に入ると国道4号線はハイスピードセクション!!高速道路よりも早いんじゃないの?
と思うほどみんなかっ飛ばしています。 こえーこえー

ここまで来ると、スカイパーク宇都宮まで通った見慣れた景色。
帰ってきた感がでてきました。

夜のとばりが降りてきて街に灯りがともるころ、栃木県を順調に抜けて埼玉県に突入。

車は多くなってきたけど、慣れた道。

東京手前の草加のマックでご飯タイム。

ここからは庭同然。

都内をするっと走って無事到着。ながかった。。


国道4号線をひたすらカブで南下。
370キロのソロツーリング。


肩はこったけど、めちゃめちゃ楽しかったー!!!

これで僕もカブ主ですね。









| | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
旅の終焉
移動中、飛べそうな場所を見つけるととりあえず登ってみます。

3.14 

行けそうなところは風見があったりして、フライヤーの考えることはみな同じ。

カーマックス付近

爆風ばっかりだったけど、終わってみれば5本のフライト。


最後の野営で雨に降られ、翌日のホテルはこんな有様。

テント干し

旅の締めくくりで行ったホワイトホース近郊の山はやっぱり爆風。

ホワイトホース

諦めて下山。

一週間ぶりに浴びたシャワーは格別。

めちゃめちゃ濃い旅でした。

| | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
北極圏
ドーソンからトゥームストーンを経て、更に北上。

目指すは旅のメインイベント、北極圏。

 夕焼け

どこまで行ってもなんにもない。

北極圏

夕暮れ前に北極圏に到達。

北極圏記念撮影

66度33分以北を北極圏と呼ぶそうです。

さらに北上した場所で野営。

野営地

やっぱり毎日爆風です。

| | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>