masayuki MATSUBARA Toastmasters
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS SITE.
MOBILE SITE
qrcode
第一回チャレンジハイク&フライ in HAKUBAVALLEY

無事に終えることができました。

 

 

 

紆余曲折色々ありましたが、なんとか最初の一歩が踏み出せました。

ご参加して頂いた皆様、関係各位の皆様、ありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

| レース | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
PBT3Timesレース

前日入りして新コースの確認をして準備万端。

 

トップゴールを目指してマイチャリを持ち込みました。

 

このレースは自転車で8キロ走ったあと、テイクオフまで3キロほどのトレッキングをし、パラでフライダウンするまでのタイムを競います。トップゴールを決めたらくじ引きができる権利を勝ち取り、そのくじに書いてあるタイムに一番近い順から順位が決まるという運をも取り入れたレースです。

 

 

チャリで数分稼げればトレイルで抜かれたとしてもパラでイケると皮算用。

だがしかし。今回はチャリのエキスパートがいたりします。

 

初っ端からブッチぎって逃げ切るつもりが、なんと2名がスリップストリームにつけているではありませんか。

ジブンのペースダウンをじっくり風よけしながら待つあたり、只者ではありません。

 

スパートをかけようと思っていた急坂で飛び出され、チャリでの先行を許してしまいました。

 

すぐにトレイルシューズに履き替えて抜き返すも、なんと走って抜き返され。。。

 

 

 

走られてしまったら抜き返すことは無理です。こちらは6キロほどですが装備を担いでいますので走ることができません。

 

テイクオフに着くころにはフライダウンを許し、パラでの巻き返しならず。。。結局は2位でゴール。

 

次々とゴールしてきます。

 

 

チャリで負けている時点で今回の作戦はダメダメでした。

トップゴールを決めたYさん、おめでとうございます!

次回はぎゃふーんて言わせてやるぞ笑

 

ということでレースでは良いところがなかったですが、突然のライバル出現で今後のレースは楽しみになりました。

 

じっくり来年に向けてトレーニングしますかね。

 

http://yahoo.jp/zjXBS5

PBTtimesレース ルートラボ

 

 

 

 

| レース | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
PBT3Time'sレース
今年も参加しました。
PBT3Time'sレース。これはバイクとハイクアップ&フライの複合競技で、ランディングまでのタイムを競います。
最終的に順位はくじ引きという、最後まで誰が勝つか分からない運をも取り入れた楽しい競技です。

スタート

バイクのスタート前、みんな真剣です。

バイク

紀の川沿いをぐるっと10キロ弱をバイクで疾走します。

水野さん

すぐにハイクアップ開始です。

ショートカット

去年は知らなかったショートカットコース。急な階段を登りますが、タイムを稼げます。

リザルト

バイクはトップ、ハイクアップで2人にかわされましたが、パラの準備でささっと飛び出しトップゴール!
ガチで勝負したので嬉しい。

そしてくじ引きの結果は。。。。。
12位でした笑

楽しい大会をありがとうございます!
来年は完全制覇を狙います。

http://yahoo.jp/X05aO8
 
| レース | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
PBT3time'sレース
紀の川で行われたPBT3レース。
ロードバイクで15キロ走ったあと、テイクオフまでハイクアップ。
飛んで降りるまでのタイムを競います。

競うとは言っても最終的には運任せ。

トップゴール者がタイムの書いてあるくじを引き、その引いたタイムに一番近いひとから順位がつくというもの。

とりあえずコースもルールも分からないまま、ナリユキでスタート。

スタート

借り物ロードバイクがすこぶる調子が良く、トップに次いで2位でハイクアップを迎えます。

自転車終了

手ぶらで登ったら怒られそうなので、そこはちゃんと担ぎ上げ。
ここで3人にかわされ5位でテイクオフに到着。

テイクオフは若干フォローっぽい風ですが、トップを進むタコクンがバシッとフライト。
ぶっちぎりのトップゴールを決めました。

5分ほど遅れて自分もフライト。
3番目にゴールメイクできました。

ゴール

そして順位を決定するタイムくじ。

結果は・・・・
結果

自分の優勝と相成りました。。。。

名誉だけを頂き、表彰は辞退させて頂きました。
妙なところで引きが強く困ります。

あがったよー

今回もめちゃめちゃ楽しんじゃいました。
紀の川のみなさん、また一緒に遊んでくださいね。



 
| レース | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都の試合
イオタのプロモーションを兼ねて京都の大会に参加しました。

この大会はリージョナルステージ第一回で、誰でもレースが楽しめるようにハンデがついています。
どのようなハンデかというと、基本はシリンダ半径の大小。例えばレースのエキスパートはシリンダー半径200m。逆に初めての人は600mといった具合です。また、使用するグライダーによってもハンデが異なります。Bクラスなら500m、Cクラスなら400mといった感じ。パイロンが少なければ大したハンデになりませんが、パイロンが増えればタスク距離に違いが出てきます。
プラス主催者のさじ加減でプラスハンデが課されます。

自分にはハイクアップが課され、シリンダー半径も本来ならば500mのところ、400mになってしまいました。

初日、北風が強くなる予報。
皆さんにお見送りされながらのスタート。ここ三郎ヶ岳は最初が急登です。高低差は400mほど。
トレイルは目印があるので分かりやすく、乾燥続きなのでぬかるんでなく登りやすかった。
以前登った時は50分ほど。今回はタイムアタックをかけて39分。40分を切れたのは嬉しかったな。

シャトルバスとさほど変わらない感じでテイクオフに到着。選手の方々からは、「ハンデになってない!」とのお褒めの言葉を頂きました。

タスクが決まりダミーが出始めますが、徐々に風速が上がってきます。エキスパートのKさんがバシバシ翼端を叩かれるのを見て、チーフは早々とキャンセルコール。この日はフライトなし。
夜の宴会は大盛り上がりでした。

翌日。。。
昨日ハンデになってないと言われたので、高鬼さんにお付き合い頂いて日の出前に一本ハイクアップしてフライダウン。今日は2回のハイクアップ。

「今日は100%アーベントになる!」と地元勢が言っています。ダミーが上がり始めるころタスク発表。
21.7劼離好圈璽疋薀鵝リードアウトポイントなし。
午後の方が回り易いだろうけど、きっと風が強くなるだろうと判断。とりあえず選手全員のテイクオフのサポート。
リフライトが上がってくる前にテイクオフ。12時ちょい前。たぶん一番良い時間だろうとあっさりスタート。
最初こそ1400mまで上げたけど、回れるのを確認できたので100mずつ下げていく。
最後のパイロンだけテコヅッタけど、とりあえずゴールメイク。
降りてみればこの日最初のゴールとのこと。
ランディングに大勢がいたけどみんな途中で降りてしまったようで、午後のリフライトに賭けて再び上がって行った。
自分予想では午後は風速が上がってタイムは伸びない。
すなわち自分の優勝!の皮算用。やったぜー!!のはずだった。。。


だがしかし。ここでハンデキャップが効いてくる。
多少風速が上がったとしてもシリンダー半径が大きければサクサクとまわれてしまう。地元勢の予想通り、高度の下がらないイブニングサーマルコンディション!いわゆるアーベントタイム発動。

600mシリンダー勢2名にかわされ総合3位。
まぁこんなもんだよね。。。

ということで、イオタ。良く飛びます。扱いやすくてなによりも軽いですよー!


だれでも勝てる可能性があるハンディキャップを導入した初の試み。
思惑通り、大会初出場の方々が上位に食い込み大成功だったと思う。
集計は大変だったと思うけど、参加者はみんな楽しめたと思う。
だれも落ちなかったしイイ大会でした!!!

スタッフの皆様、どうもありがとうございました!ものすごーく楽しんじゃいました。
また次回開催を期待しています。もちろん次は優勝だぜ!!

え?オトナゲないって?  ですよねー

http://yahoo.jp/G3-_KI ルートラボ 京の都カップ2015







 
| レース | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
天草エックスアスロン
 天草エックスアスロンに参加しました。

エックスアスロンとは、シーカヤック9km、MTB18km、トレラン5km、パラグライディングはキャッツクレイドル風+ターゲットの4種目を組み合わせた複合競技。

シーカヤックはちょいちょいコソ練をしたのでトップから10分以上離されなければなんとかなるか?と皮算用。
コースの下見を兼ねて前のりです。

とりあえず一本

とりあえず飛べそうだったので一本フライト。 素晴らしい景観!

西風サイドで山をなめている感じでしたが、微妙にリッヂがとれてのソアリング。

フライト後には、コースの下見を兼ねてMTB。
選手兼オーガナイズのリックが細かくショートカットできるところを教えてくれます。
イコールコンディションで勝負したい気持ちがビンビンに伝わります。
それでも勝てる自信なのかもしれません。


MTBは下りコースを新設したそうで、ブルで道を造って頂いたとのこと。

上級者向けコースとなっていましたが、とりあえず突入!
超楽しい!ウェットになったら大変だけど、すごく良いコース。たまりませーん。

チャリ洗車

どろべったんになったのでビーチに戻って洗車。

実は天草、日照りが続いて水不足だったとのことですが、雨を引き連れてきてしまったようで・・・
この日も土砂降りかと思ったら晴れて虹がでたりと忙しい空模様。

週末の予報は傘マーク。全国でも雨による災害が続出。パラだけの大会だったらまず中止だったでしょう。



翌日。

本番

早起きして、シーカヤックのスタート地点である無人島へ到着。

カヤック運搬

みんなでカヤックを運びます。

スタートです

いよいよスタート。


スタート直後、大変なことが起きました。

イルカの襲撃までは記憶があるけど・・・笑



天草本当にイイところです。
来年もぜひ参加させていただきたく思いました。
けどカヤックを練習しなきゃですねぇ。


オーガナイズの皆様、ボランティアの皆様、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。




| レース | 08:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
エックスつくば
 昨年の紀ノ川に続いて八郷界隈での開催。
タスクは初日八郷一周。翌日は北上クロカン白河へゴー!

今回の目標は「飛ぶ」と「自己完結」と「走らない」の3つ。
みんなサポート隊がいて気合充分な感じ。
オトナの本気はすごいぞな。

初日。
北西風が吹き荒ぶ。
もう少し弱ければメインから飛んでリーサイドで上げる作戦もありだけど、どうもそんな感じの強さじゃなくて、気合一発でもローンチできるかどうかの風。
ほとんどの人はメインへも上がらずにそのまま下山。

少し迷って、西側のハングランチから出ても良いとのことなので、そっちに移動。

稜線に出るとやっぱりメインの風はブンブンの北西風。
けれど宇都宮不連続線の影響で、コンバージェンスラインに入ると風がいきなり弱まる。

しばらく様子を見ていると、メインから長島さんとGちょんがフライトをして、高度を上げているとの情報が入る。「やっぱそっちだったか」と思うも、アゲンストのいい風が入り始める。あとはサーマルさえあれば文句なし。
西側は進行方向とは逆なので、ぶっ飛んでしまうとその場で終了。なので出るタイミングはかなり慎重になる。
コンバージェンスの第一波が過ぎ去ったが、上がりがまだ微妙な感じ。
二波のタイミングでMちゃんがダミーで出てくれた。かなり下の方で漸くヒット。けどまだコンディションは微妙な感じ。
三波の後はなんだか雪のカーテンが見える。
これはさすがに出ないとまずいので出る。すぐ後にヨシキも出てきた。

すぐにサーマルヒット。流しながらサルのシリンダーに入ってそのままツクバネへ向かう。この頃には1600mオーバー。朝日峠を進んでいると高度は更に上がり、コマチでは2200m!
シリンダーに入って北に向かった途端、対地速度は0〜5キロ。
そして雪のカーテンに阻まれて、ポッドに雪が積もり始める。
白いし寒いし指は痛いしアゲンストは強いしヘロヘロで龍神のシリンダーに入れず高度処理。けどこんな時に限って減率が良くてぜんぜん高度が下がらない。しかも荒れてる。

しばらくホバッていると、たったかたったか走り屋が通過していくのが見える。
とりあえず待ったくらいは挽回できた様子。

すぐパッキングして龍神のシリンダーに入るとラッキーなことに長島さんと合流できた。
上がりが渋くてツクバネから歩いてきたとのこと。

そこからずっと一緒に歩いてとりあえずゴール。

先行したはずのGちょんは八郷でハイクアップしてぶっ飛んでしまった。
その間にヨシキはフライトで八郷もクリアしてちょこっとだけ歩いてトップゴール。
やっぱエンツォは飛ぶな。



翌日は白河ゴール。
南テイクオフで待ってみるが、午前中なのにクーの西側でガンガンに上がっているのが見える。
これは西側だなと思うも、クロカンなのでひとりで行くのは心もとない。
みんなを西にお誘いしてとりあえず今日も西側ハングランチ。

1時過ぎまで待ってフライト。
南西風が強くて、普段だったらクロカンにはでないなーという感じのコンディション。
それでも行くしかないのでツバメから離脱。
高峰を過ぎて希望丘CCで降りてしまうくらい高度ロス。
なんとかリカバリーして北上再開。
茂木を過ぎた辺りから上がりもよくなっていい感じ。
いつもの川沿いコースを一人旅。

烏山を越えたころにヨシキらしき機体を発見。
ワンサーマルほど先行してるのが見える。

採石場の辺りでサーマルが弱くなり、クロカンカップの失敗を活かしてルートチェンジ。
これが上手くいって順調に北上。
ダブル高圧線を高々とクリア。

ニコン工場を横目に南風に乗ってフラフラ進む。
白河の手前10キロくらいで時間は4時30分。
サーマルも終了でそこから歩き。
けど5時30分までなので歩けるのは5、6キロ。

もうちょっと早ければゴールできたかもだけど、ここまで飛べたので上出来。

結果は4位で賞金ゲット。


優勝は良く飛んで2日間ともトップのヨシキ。
やっぱりパラの試合は飛ばなきゃだめよね。



二日間とも絶妙なタスク設定で無事終了。
板さんさすがです!!!







| レース | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
麗しの島フォルモサ
こんなにも素敵な国をどうして今まで素通りしていたのでしょうか。

身近すぎてノーマークだったのか。
何度かトランジットで立ち寄ったことはあったけど、上陸するのは初めて。


台北からHSR(台湾高速鉄道)で2時間ちょっと。台湾第二の都市、高雄(カオシュン)へやってきました。第二というけど相当でかい街。台北はどんだけでかいんだ??

そこかしこにニョキニョキと高層ビルが建ち並び、夜は色とりどりのネオンがきらめく。エネルギッシュな街だけど、夜中にプラプラしていても安心な感じ。治安は抜群に良さそうです。

高雄

早朝会長と小一時間の散歩。丁度お腹が空いてイイ感じに朝食が進む。

高雄

高雄

宇宙船

突如交差点に現れた謎の物体。想像するに薪を燃料に動く宇宙船じゃなかろうか。。。

テラ

電飾でピカピカの寺院の中。ぴったり6時にオープン。
お国変われば文化も変わる。石垣島のすぐそばなのにね。


もちろん手作り

高雄漢來大飯店にある紅陶上海湯包。入り口付近では小籠包を手際よく作る姿を見ることができます。

ドレスコードがあったら絶対に入れない場所ですが、胸を張ってサンダルで入場。


小籠湯包

こんなにも美味しい小龍湯包を食べたのは初めて。
なんとなくみんなで適当に注文をしたのですが、出てくる料理にハズレなし!!ことごとく美味い。

お腹いっぱいタラフク食べてひとり1500円ほど。


夜市

夜市をぶらり。

夜市

夜市

どれもこれも食欲をそそります。食べたいものを少しずつ摘まんでハシゴします。

たらの煮付け

お茶タイム

松山空港近所の吉祥草でお茶タイム。会長が淹れてくれました。

お菓子もあります

お茶菓子もあります。ドライイチジクと羊羹とココナッツケーキ。


大満足の台湾。本当にすごくいい国でした。
温泉とマッサージとフルーツはなかったけど、それは次回のお楽しみ。また来年。








もちろん飛んでます

もちろん試合で訪れました。食べてばっかりのようだけどね。




| レース | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
朝霧は2本成立
  緒戦の朝霧が成立しました。

この時期抜群のフライト確率の朝霧。ですがタイミングが悪くここ数年は不成立続きでした。

西富士テイクオフを使うようになってから雪が積もっていないのは初めてだったかも?
いつも直前の降雪で倒木やら除雪やらでかっぺいさんは大変でしたからねぇ・・・
大会運営の方々には本当に頭が下がります。いつもありがとうございます。

終わった翌日は雪だったようなので、本当にタイミングなんですよね。



今年からルール変更でレースはシリアル機のみ。昨年からのシリアル機乗りはやはり強い。
機体性能差が少なくなったので、純粋にレースを愉しめそうです。
| レース | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
シーズンイン
 2012年の国内リーグが始まります。

緒戦は今がトップシーズンの朝霧。
上空に寒気が入るとバンバンのコンディションになります。高度2000mを越えるのはザラ。
気温は100m上昇するごとに0.6度ほど下がるそうなので、2000mなら単純計算で0mから-12度。

寒いのは当然なのですが、クリアな大気は最高です。

富士山

天気予報では2日間とも成立しそうな感じ。

さ。がんばろ。

| レース | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>